回答書を郵送しました

昨日(2016年8月16日)に回答書を家庭裁判所宛に郵送しました。回答書の下書きを母と兄に内容をチェックしてもらったあと、更に内容を細かくチェックしてから清書をしました。

回答書の記入欄が案外小さいので、こちらの言いたいことが全部書けた訳ではありませんが、こちらの主張内容のポイントを外さないように気をつけて書きました。

詳細は調停の場で確認することになるでしょう。

これから最初の調停までは、申立人の過去の言動を整理するのが主な作業になると思います。家庭内のことなので、証拠が無いといえば無いのですが、そこはキチンと情報を整理しておけば証拠として効力を発揮するかもしれません。

ことここに至っては、嫁や子どもといえども完全に私の敵です。いよいよ決戦の場が近づいてきました。

そこまでこの俺が憎いのか?とも思いますが、売られた喧嘩は負ける訳にはいきません。返り討ちにしてくれるわ!!!